看護師求人(社会福祉法人での仕事、転職について)

社会福祉法人での仕事をお探しの看護師の方へ。当サイトでは社会福祉法人が運営する
主な施設や仕事内容、各施設で働くのに向いている性格・特性などをご紹介します。

  • トップ
  • 履歴書、面接対策
  • 履歴書の書き方のポイント

履歴書の書き方のポイント

履歴書は採用側に自分を知ってもらう大切な情報源

看護師の転職では高給で高待遇の求人だと多くの募集があります。

そのため、履歴書を事前に送付するといった方法を取る病院・施設が多くなっています。

送付する履歴書の内容によって、書類選考の結果で面接を受けずとも履歴書のみで不採用になってしまう事もあるんです。

履歴書は持ちこみでなく郵送の場合、送付された病院・施設にとって貴方を知る唯一の資料であって、面接で持参するにしても面接の内容は履歴書から質問される事が多いです。

履歴書は貴方が「どのように有用な人材か」を病院・施設にアピールできる大切な情報源ですので、心を込めて記入していきましょう。

病院や施設独自の履歴書が用意されている所もありますが、特に指定がない場合は市販のもので構いません。

履歴書は自分をアピールする為の書類ですから、自己PR欄、志望動機欄が大きく書きやすいものが良いでしょう。

社会福祉法人に転職する際の履歴書の書き方

名前・住所欄は、履歴書の中では一番初めに目につく所ですので、大きめに見やすく、丁寧に記入します。

履歴書の日付は記入した日ではなく、郵送なら郵送した日の日付、持参するなら持参する日付を記入します。

写真はスナップ写真やインスタント写真を使用するのは厳禁で、写真店で撮影したものを使用します。

写真は履歴書でたった一つのビジュアル情報です。
写真店ではいくらでも撮り直しが可能ですので、ちょっとでも気になるところがあれば撮り直してもらいましょう。

服装はスーツなどで看護師らしい髪型・メイクで撮影し、写真を貼る時はしっかりと糊付けしておきます。

資格・免許欄は複数の資格を持っている場合、取得順に記入し、志望動機に直接関係のない資格(普通運転免許や英語検定など)でも記入します。

社会福祉法人の転職に有利な資格はいろいろありますが、看護師として5年以上の経験があるのならケアマネージャー(介護支援専門員)がお勧めです。

受験資格があるなら資格・免許欄に「平成○年 介護支援専門員実務研修受講試験 受験予定」と書いておくのも手です。

民間資格でも勉強中のものがあるのでしたら「取得予定」として記入すると良いですよ。

トップへ戻る