看護師求人(社会福祉法人での仕事、転職について)

社会福祉法人での仕事をお探しの看護師の方へ。当サイトでは社会福祉法人が運営する
主な施設や仕事内容、各施設で働くのに向いている性格・特性などをご紹介します。

  • トップ
  • 社会福祉法人の仕事
  • (第1種:障害者福祉施設)に向いている看護師の性格や特徴は?

(第1種:障害者福祉施設)に向いている看護師の性格や特徴は?

一般的な病院と違い処置や検査はない

社会福祉法人の運営する障害者福祉施設・知的障害者福祉施設には、身体(知的)障害者更生施設や障害者支援施設、身体(知的)障害者福祉ホーム、身体(知的)障害者授産施設、知的障害者通勤寮などがあります。

障害者施設の勤務も老人保健施設と同様に入所者の重度化が進んでいますが、一般的な病院ではないので処置や検査はありません

障害施設を利用されている方は、自力では日常生活を営む方が困難であるので、健康の管理(バイタルチェック)やADLの維持、生活介助(オムツ交換、注入、吸入)などがが主な仕事内容です。

障害福祉施設は障害の程度にもよりますが、先天性の障害なら幼い頃から該当する専門施設で教育を受けて社会に適応できるような術を身につけていますが、施設に入所される方には中途障害者もおられます。

ですので、障害福祉施設に入所されている方は、障害の度合いも軽度の人もいれば重度のおられ、患っておられる障害も様々です。

心身ともに健康であることが必要

知的障害や行動障害が重度の人もあれば、人工呼吸器をつけて生活している方もおられます。

障害者福祉施設で働くには「障害者に対して偏見がなく理解があること」、入所者に接する事になる看護師自身が「心身共に健康であること」が必要です。

障害者福祉施設の生活は病院の入院生活とは違うので、日常生活の援助や介護などの業務が多いです。

勤務する専門科にもよりますが、基本的には病院での看護は身の回りの事が可能な人も多く、たとえ生活的な介助が必要な人でも病気の治療を終えると退院していきます。

障害者福祉施設では長期間入所されている人も多いので、看護師として医療的に関わることよりも介護的に関わる事が多いので心身共にタフな看護師が向いていると思われます。

入所者だけでなく入所者の家族やスタッフなど、障害者施設に関わるすべての人たちと上手にコミュニケーションを取ることを心がける事ができる看護師が勤務すれば、施設自体の雰囲気が良くなります。

入所者はそのような施設であれば楽しく入所生活を送る事ができると思います。

トップへ戻る