看護師求人(社会福祉法人での仕事、転職について)

社会福祉法人での仕事をお探しの看護師の方へ。当サイトでは社会福祉法人が運営する
主な施設や仕事内容、各施設で働くのに向いている性格・特性などをご紹介します。

  • トップ
  • 社会福祉法人の看護師になるには
  • (第2種)で必要な資格・持っていると有利な資格

(第2種)で必要な資格・持っていると有利な資格

どの事業でも看護師は活躍が期待される

社会福祉法人が運営している第2種社会福祉事業には児童福祉法、老人福祉法、障害者福祉法、知的障害者福祉法に基づく在宅サービスが多数あります。

どの事業にも看護師は重要な役割を担っており、活躍が期待されています

看護師以外でこれらの事業で活用できる資格は、国家資格である社会福祉士や精神保健福祉士、介護福祉士、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士、保育士、保健士があります。

児童福祉法に基づく在宅サービスで活用できる資格には、保育士が挙げられます。

児童福祉法(現在は自立支援法)に基づく在宅サービスである児童デイサービス・障害者福祉法に基づく障害者デイサービスでは、障害を持つ児童が利用する事も多いので、日常生活を援助する専門知識を有するホームヘルパー1・2級や介護福祉士資格を持っていると有利です。

しかし看護師資格を持っている方は、病院などで介護の経験がある方が多いので改めてこのような資格を取る必要はありません。

障害のある方とのコミュニケーションを円滑にするために、例えば、聴覚障害者とのコミュニケーションでは話通訳士や手話技能検定、視覚障害者とのコミュニケーションでは点字技能検定を受験して合格する方が良いでしょう。

ケアマネージャー(介護支援専門員)の仕事

外出介護員移動介護従事者(ガイドヘルパー)は、知的障害者や重度視覚障害者、全身性障害者に対し外出支援を行います。

また、老人福祉法に基づく在宅サービスで要になる資格はケアマネージャー(介護支援専門員)です。

ケアマネージャーは、要介護者がどのようにしたら快適な日常生活を送る事ができるかを計画(ケアプラン)し、作成することがが主な仕事です。

その為、要介護者や家族と介護サービス提供する施設や事業者との橋渡し的な役割を担います。

ケアプラン作成には、要介護者がより最適のサービスを受ける事を可能にする為に、ケアマネージャーはあらゆる老人福祉サービスを熟知しておく必要があります。

これらの事業ではレクリエーションや季節ごとに様々なイベントが行われる事が多いです。

民間資格ですが、福祉レクリエーションワーカーという資格もあります。

福祉施設は病院ではないので、医療行為などの看護師としての仕事は多くありませんが、これらの資格を取得する事でにより良く働けると思います。

トップへ戻る