看護師求人(社会福祉法人での仕事、転職について)

社会福祉法人での仕事をお探しの看護師の方へ。当サイトでは社会福祉法人が運営する
主な施設や仕事内容、各施設で働くのに向いている性格・特性などをご紹介します。

  • トップ
  • 社会福祉法人の看護師になるには
  • (第1種:障害者福祉施設)で必要な資格・持っていると有利な資格

(第1種:障害者福祉施設)で必要な資格・持っていると有利な資格

重症心身障害児施設・知的障害児施設の職種

社会福祉法人が運営している障害者福祉施設には、重症心身障害児施設や知的障害児施設、身体障害者療護(授産)施設などがあります。

障害児を対象としている重症心身障害児施設の職種には、医師、保育士、介助員、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、管理栄養士、栄養士、調理師などがあります。

最近では介助員として介護福祉士を採用する施設もあります。

知的障害児施設の職種には、保育士、児童指導員、職業・作業指導員、精神科嘱託医、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、管理栄養士、栄養士、調理師、介助員などがあります。

障害児を対象としている施設ですので、「保育士資格」を取得していると障害児施設でへの就職がスムーズに行えるかもしれません。

社会福祉主事任用資格の受験資格

障害者を対象としている施設は、身体障害者療護(授産)施設、知的障害者更生(授産)施設などがあります。

身体障害者療護施設の職種には、医師、生活支援員、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、介護職員のほかに、保健師、栄養士、調理師などがあります。

生活支援員には社会福祉主事の任用資格、介護職員には介護福祉士の資格を取得していると転職に有利です

身体障害者授産施設の職種には、医師、生活支援員、職業指導員、介護職員、作業療法士(OT)、調理師などがあります。

生活支援員には「社会福祉士」「社会福祉主事人用資格」手話・点字を習得しておくと転職する際に役に立ちます。

「社会福祉主事任用資格」を取得する為には20歳以上で、

となります。

1の場合は、文科系の大学卒業していれば殆どの人が社会福祉主事の任用の要件に当てはまる事になりますが、実務経験がない人は専門学校などの養成機関で勉強し、取得することが良いでしょう。

トップへ戻る