看護師求人(社会福祉法人での仕事、転職について)

社会福祉法人での仕事をお探しの看護師の方へ。当サイトでは社会福祉法人が運営する
主な施設や仕事内容、各施設で働くのに向いている性格・特性などをご紹介します。

  • トップ
  • 看護師転職サイトの活用
  • 転職サイト利用時の注意点やデメリット

転職サイト利用時の注意点やデメリット

コンサルタントに任せっきりではダメ

転職を考えている看護師にとって、看護師転職サイトは利用の仕方によっては転職に不利になる事があります。

看護師転職サービスは、専任のコンサルタントが付いて求職先の情報収集や履歴書の添削、面接の指導など転職に関する相談・助言に応じてくれる頼もしい存在です。

ですが就職活動は本来、自分で行うものであって専任のコンサルタントが付いたとしてもコンサルタントはあくまで就職を成功に導く為の補助的な存在です。

中には、専任のコンサルタントと話し合っていく内に依存しすぎてしまい、専任のコンサルタントに就職先が決まるまでの全てを任せてしまって自分が希望していた職場に転職ができなかった、という事例もあります。

どんなに専門コンサルタントが有能でも、依存しすぎてしまって何でもお任せでは、専任コンサルタントもどのように転職を支援したらよいかを見失ってしまいます。

このようなタイプの人は、専任のコンサルタントが熱心に働きかけてくれた求人先が貴方の希望条件でない求人であっても、情に流されてしまって転職を決定してしまう事になるかもしれません。

看護師転職サイトは、採用が決まった時に病院・施設など受け取る成功報酬で運営されている為に、貴方に対して希望条件を譲歩するように求めたり、希望とは違う求人先に無理やり斡旋しようとする専任コンサルタントがいないとは言い切れません。

転職を成功させるのは貴方本人ですので、専任コンサルタントに転職への意思を示して二人三脚で求職活動に臨みましょう。

自分と相性の良いコンサルタントを見つけましょう

また、専任コンサルタントも人間ですので、どうしても相性が合わないコンサルタントが担当に当たってしまう事もあると思います。

間違いのなく転職を成功させる為には、専任コンサルタントが貴方の希望を把握する必要がありますが、それには時間を要します。

専任コンサルタントが貴方の希望を把握していなければ、いくら条件の良い求人を提案されたとしても、無関係な求人を紹介されたりします。

専任コンサルタントとの相性が合わないこともありますので、看護師の転職サイトを2社~3社登録しておいて、その中で自分と相性が合う専任コンサルタントに話を進めてもらいましょう。

トップへ戻る